Admissions » Apply » International Applicants » International Applicants – 日本語

外国人受験者

外国人受験者のための情報:


出願手続き

外国からの受験者もウェイク・フォレスト大学に願書を出す場合には他の受験者と同一書式の申請書で応募します。他の受験者と同様、スピード審査(Early Decision)か通常審査(Regular Decision)のどちらかを選択可能です。スピード審査では合格したら入学が義務付けられています。提出の 前に申請のためのチェックリスト(Application Checklist)を注意深く読み、申請書類が全て揃っている事を確認してください。

外国人受験者全員への措置:

  • 留学生の志願者は60ドルの出願料を提出する必要があります。
  • 在学したすべての中等教育学校、カレッジもしくは大学での正式な学業成績証明書が必要となります。願書を評価するためには、最低でも学校での4年間の成績が必須です。証明書には受講した各科目とその成績に関する詳細な説明が記載されていなければなりません。もし必要であれば、封印した学業成績証明書の原文とともにその英訳を添付して下さい。
  • 英語が第一言語ではない留学生は全員TOEFLのスコアをEducational Testing Services (ETS)から直接提出しなければなりません。なお、ウェイク・フォレスト大学ではIELTSを英語の習熟度テストとして受け付けてはおりません。
  • ウェイク・フォレスト大学はSATやACTのスコアを提出する事を義務付けてはおりません。しかしSATを提出する場合、Reasoning TestのCritical Readingで600点以上の場合に限りTOEFLのスコアの提出が免除されます。スコア提出を希望する際はCollege Boardにご連絡ください。
  • 外国人受験書類に必要な財務状況に関する個人情報(Confidential Financial Information for International Applicants Form) [PDF]をすべて記載しなければなりません。納税証明書、勤務先からの記述書、銀行の口座残高明細書、または家族の資産状況を証明するために提出するその他の書類を必ず添付して下さい。これらの正式書類が揃うまで、受験者の願書の審査は開始されません

就学ビザ

入学預り金を納付した外国人合格者にはI-20の書類が発行されます。I-20を受領すると、ウェイク・フォレスト大学へ留学するためのF-1ビザが申請できます。 国際交流部 (Center for Global Programs and Studies) が大学入学許可の手続きをお手伝いします。


外国人留学生への給付金と奨学金

残念ながら、ウェイク・フォレスト大学では留学生向けのneed-based の給付金はありません。 外国人受験者は、もしmerit-basedの奨学金(下記参照)が得られなかった場合、大学当局が入学許可を審査する前に、学資が十分である事を外国人受験書類に必要な財務状況に関する個人情報(Confidential Financial Information for International Applicants Form) [PDF] と共に示さなければなりません。

外国人学生はほとんどのmerit-basedの奨学金を受ける資格があります。通常の受験書類は奨学金の申請書としての役割もあるため、別途作成する書類はありません。ウェイク・フォレスト大学では4つの主な奨学金制度がありますが、いずれも全ての申請者が対象であり、非常に狭き門です。有力な申請者はいずれも優秀な学生や有望な学者であるだけでなく、周囲に影響を及ぼして社会に貢献できる創造的なリーダーでなければなりません。そしてクラスの中だけに止まらぬ並外れた成果を挙げることが期待されます。

奨学金を授与される学生は、常に最もやりがいのあるカリキュラムを求め、同級生と比べて最高の成績(しばしばGPA上位1%)やトップ数パーセントの試験成績を収めて来た学生達です。更に、奨学金の候補となる学生は大抵の場合、様々な課外活動のリーダーであり、地方や州、国家のレベルでその才能を認められています。奨学金の最終候補者は全員3月1日に通知を受け取ります。詳細はWake Forest Merit-Based Scholarship Programsのウェブページにアクセスするか奨学金の事務局scholarships@nullwfu.edu へご連絡ください。


留学生の学生生活

どこに住むのでしょうか?

活気のあるキャンパスで充実した大学生活を送るために、キャンパス内の寮・タウンハウスやアパートに住む学生がほとんどです。一年生と二年生は寮に住むことを義務付けられています。寮は男女共同で、寮内で男女は階ごとに別れています。全ての部屋はベッド、押入れ、机、ケーブルTVとコンピューター用の配線、小さい冷蔵庫があり、洗濯室も近くにあります。

ウェイク・フォレスト大学は、学部生全員に八学期間学内の住居を保障します。一年目のルームメートは、ハウジング・オフィス (Office of Residence Life and Housing) がそれぞれの学生の相性や興味などを考慮した上で決定します。二年目からは、ハウジング・オフィスの規則に従い、学生が学校内の住居の場所とルームメートを選択できます。

留学生のための特別な活動があるのでしょうか。

ウェイクフォレストの国際交流部は留学生のために様々な活動やプログラムを提供しています。

一ヶ月に一回、ワシントンDC、チャールストン、アトランタといった名所への旅行が計画されています。費用は、留学生のために安く抑えてあります。その他、1時間半で行けるアパラチアン山脈でのハイキングや、3時間かけて行くノースカロライナの美しい海岸への旅行もあります。

また、留学生はFriendship Family Program というホームステイ・プログラムに参加し、ホストファミリーと一緒にユニークな経験を作ることができます。

国際交流部は留学生に、保険や移民、国際イベントなどに関する電子メールを定期的に送ります。小さいけれども、キャンパス内の国際コミュニティーはイベントを行ったり、クラブやサークルを作ったりしている包含的なグループです。

留学生が参加できるクラブがあるのでしょうか。

もちろんです。ウェイクフォレストはクラブが多く、どのクラブに参加するか決めるのが大変なくらいです。

キャンパスには160以上のクラブがあり、クラブに参加することによって、同じ興味を持っている学生達と出会う機会があります。例えば、学術、外国文化、スポーツ、社会奉仕、宗教、政治、ディベートなど、様々な分野に関するクラブがあります。

全てのクラブ活動は学生によって行われており、もし好きなクラブが見つからない場合、新しいクラブを始めることがいつでも可能です。その際、大学は資金援助などにより支援しています。

キャンパスは安全でしょうか。

ウェイク・フォレスト大学の警察は、日々、安全なキャンパスを作る努力をしており、大学所属の警察官が頻繁に学内を車や自転車、徒歩で巡回しています。

夜間は、午前3時まで学生のための無料シャトルサービスがあり、電話でシャトルを呼ぶことが出来ます。また、午後10時以降は大学関係者以外はキャンパスに入ることを禁止されています。

キャンパス内には緊急用の電話が設置されており、緊急の際に素早く学内の警察署に連絡を取ることができるようになっています。その他、 大学所属の警察官により、安全に関するプログラム、自己防衛のクラスなど、特別なイベントも行われています。


ウィンストン・セーラム市とノースカロライナ州

ノースカロライナの天気は如何でしょうか。

ノースカロライナは、地理も気候も多様な州です。ノースカロライナの西部にあるアパラチアン山脈と東部にある海岸では11度ぐらいの差があります。ウェイク・フォレスト大学は州の中部に位置し、温暖な気候です。州の東部と中部は、冬の気候も比較的穏やかで、気温は摂氏10度程度、平均4.36センチ程雪が積もります。

春は、寒冷な気候を運ぶ前線が州に来ることは少なく、気温が上がり始めます。特に5月にはいると気温が急に変化し、摂氏25度ぐらいまで上がります。春は湿度が低く、過ごし易い季節です。

夏は蒸し暑く、気温は摂氏32度ぐらい、夏と秋の初めに大雨が降ることがあります。

ウィンストン・セーラムはどんな町ですか。

ウェイク・フォレスト大学が位置しているノースカロライナ州のウィンストン・セーラム市は、米国で最も進歩していると考えられている地域の一つにあり、多様な文化に恵まれています。市の人口は二十二万五千人で、一貫して美術、医学研究、教育、経済などで進歩してきました。隣町のグリーンズボロ市とハイポイント市にも30分ほどで行け、三つの町を合わせた地域の人口は百二十万人、様々な文化・娯楽を楽しむことが出来ます。

キャンパスから3マイルほどで行けるウィンストン・セーラム市のダウンダウンは、様々な店やレストラン、ホテル、展示場、室内や屋外のイベント場、博物館などでにぎわう、活気のある場所です。また、歴史的名所であるオールド・セーラム 地区へつながる散歩道もあります。ウェイク・フォレスト大学再生医療センターを中心としたピードモントトライアッド研究施設が新たに出来たため、ダウンタウン地区の居住者数やイベント活動なども増え始めています。

ウェイク・フォレスト大学は、8月から5月の間、毎週木、金、土曜日にキャンパスからダウンタウンへの夜間のシャトル・サービスを行っています。

キャンパスから、スキーができるノースカロライナ州のブルーリッジ・パークウェイまでは車で2時間、ノースカロライナ州とサウスカロライナ州の海岸までは4時間ぐらいです。また、郡や州立の公園もキャンパスの近郊に多数あります。大都市では、北はワシントンDC、南はジョージア州アトランタ市があり、それぞれ車で5時間の距離です。

ウィンストン・セーラム市まで、どうやって行けますか。

隣町のグリーンズボロ市にあるピードモントトライアッド国際空港(空港コードGSO)からキャンパスまでシャトルで来ることができます。ウィンストン・セーラムから南西にあるシャーロット市(CLT)と東にあるローリー市(RDU)には大きい国際空港があり、国際便が発着しています。両市とも、ウィンストン・セーラムから車で1時間半以内で行け、便利です。

ウィンストン・セーラム市での学生向けの娯楽は?

ウィンストン・セーラム市は最近「アートの町」と名付けられ、美術ギャラリーやコンサート、祭りなどでにぎわっています。キャンパスに隣接するレイノルダ・ビレッジにはお店やレストラン、庭園などがあり、学生の間で人気があります。ダウンタウンに遊びに行く学生も多く、サイドウォーク・カフェで友達と食事をしたり、アート地区での金曜日のギャラリー歩きやウィンストン・セーラム・シンフォニーのコンサートを楽しんだりしているようです。学生達は、モラビアン・ラブフィースト、市の秋祭り(Dixie Classic Fair)、リバー・ラン国際映画祭など、地元の伝統行事に参加することにも興味を持っています。アウトドアを楽しみたい場合は、近郊にセーラム・レイク公園やタングルウッド公園、市外に米国最大級のノースカロライナ動物園があります。このようにウィンストン・セーラムでは様々な活動が楽しめるため、だれでも何か好きなことを見つけることができるでしょう。


米国籍または二重国籍を持つ海外居住者

米国籍または二重国籍を持つ海外居住者も他の受験者と同一書式の申請書で入学願書を提出します。他の受験者と同様、スピード審査(Early Decision)か通常審査(Regular Decision)のどちらかを選択可能です。スピード審査では合格したら入学が義務付けられています。提出の 前に申請のためのチェックリスト(Application Checklist)を注意深く読み、申請書類が全て揃っている事を確認してください。


2008年秋学期に上級日本語の授業を履修した学生達が、日本からの入学希望者にウェイクフォレスト大学を紹介するビデオを作りました。次のウェブサイトでご覧ください。http://www.wfu.edu/~takatay/fall08jpn220.htm